ご存じですか? むし歯菌の感染のこと

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中にむし歯菌(ミュータンス菌)はいません。むし歯菌は歯のような硬いところにしか住めないからで、まだ歯の生えていない赤ちゃんの口の中では生きられないからです。

むし歯菌はどこからくるの?

歯が生え始めてから感染するむし歯菌。むし歯菌は、お子さんのお口の発育や手指の発達、さらには心の発達に伴う社会的な関わりなどの、お子さんの周りにいる人々から感染します。一番多いのはお母さんですが、お父さんやおじいちゃんおばあちゃん、その他の保育者からもうつる可能性があります。このため、家族全員がむし歯を治療し口腔内ケアを行って、むし歯菌の数を減らしておくことが大切です。家族のむし歯菌が少なければ、お子さんへ感染することが少なくなります。

特に気をつける時期はいつ?

むし歯菌の感染が始まるのは、歯が生え始める生後6ヶ月頃からです。特に、生後19ヶ月(1歳7ヶ月)から31ヶ月(2歳7ヶ月)までの時期は、もっとも感染し定着しやすい「感染の窓」と呼ばれています。また、2歳くらいまでにむし歯菌の感染を減らすことができれば、永久歯がむし歯になるリスクはかなり軽減されることが報告されています。

むし歯になる前に定期健診!

なかなか難しいことではありますが、日常の生活で、むし歯予防のために、食事やおやつに砂糖を多く含んだ食品の摂取をなるべく控えることも効果的です。

また、歯が生え始めたら、微量のフッ素塗布、ミネラル塗布を行うこともむし歯予防に有効です。その後は定期的に健診し、むし歯を未然に防ぎましょう。まずはお気軽にご相談ください。

~先生からのメッセージ~

子育てにスキンシップはとても重要です。むし歯菌に感染してもすぐにむし歯ができるのではなありません。1)歯の質、2)口腔内細菌、3)食べ物(ショ糖)の要因が重なり、さらに4)3つの要因が重なった時間が持続したことにより、むし歯ができます。ですから、どれか1つの要因がなくなれば、むし歯にはなりません。積極的にスキンシップをとってもむし歯菌がうつりにくくするために、家族みんなで口腔ケアをすることが大切です。

ページの先頭へ戻る