ブラッシングと合わせて予防歯科もご活用ください

むし歯や歯周病にならないようにするための基本は、毎日のブラッシングなどのよるセルフケアです。しかしどんなに入念にブラッシングしていても奥歯の奥や歯と歯ぐきの間などに入り込んでしまったプラーク(歯垢)は、なかなか落としきれません。みがき残しをキレイにするためには、歯医者さんでの定期的なケアが必要になってきます。歯科医院での予防歯科を活用して、お口の健康を保ちましょう。

むし歯にならないために

ブラッシング指導
毎日のブラッシングはセルフケアの基本ですが、自己流だとみがき残しが多くなることも。当院ではお子さんの歯の生え方や発育段階に適した歯ブラシの選び方、正しいブラッシング方法を指導しています。親御さんには仕上げみがきのコツをお教えしますので、毎日のケアにお役立てください。
フッ素塗布
歯の表面にフッ素を塗布する処置です。フッ素には歯質を強くし、細菌の繁殖を抑制する効果があり、歯から溶け出したミネラル分を再び歯に戻す「再石灰化」を促す働きもあります。むし歯の予防効果を高めるためには、定期的なフッ素塗布がおすすめ。痛みのない処置なので、安心してお受けいただけます。
シーラント
奥歯には深くて複雑な溝があるため、食べカスなどが詰まってむし歯になりやすいという特徴があります。その溝をあらかじめ歯科用プラスチックで埋める処置を「シーラント」といいます。「シーラント」は乳歯や生えたての永久歯をむし歯から守るために有効な処置です。
PMTC
永久歯が生えてきてから行うPMTC。口腔ケアのプロによる、専用機器を用いた歯のクリーニングです。毎日のブラッシングでは落としきれない歯と歯の間、歯周ポケット(歯と歯ぐきの溝)などに溜まったプラークや歯石を徹底的に除去することで、歯の表面がツルツルになり、汚れの再付着を防ぎます。

~定期的に予防ケアに通いましょう~

歯のクリーニングをした後の口腔内は、細菌が少なく良好な状態です。その健康なお口の環境を保つためには、ご自宅での毎日のケアが欠かせません。また歯科医院での定期的なクリーニングによるむし歯や歯周病の予防処置も大切です。

いつまでも自分の歯でものが咬めるよう、お口のトラブルを予防するには、3~4ヶ月に1度の健診がおすすめ。きちんと予防、自分の歯と健康を守りましょう。

おうちでの予防ケアについてはこちら

ページの先頭へ戻る