かわいいお孫さんの歯の健康のために

おじいちゃんやおばあちゃんにとって、お孫さんは愛おしい存在。愛情をいっぱい注いでその成長を見守っていることでしょう。ただ、気をつけないと甘やかし過ぎてしまうことも。良かれと思ってしたことがむし歯の原因になってしまうことがないよう注意していただきたいことをご紹介します。

お菓子をあげ過ぎないでください

お孫さんが大好きな甘いお菓子。喜ぶからといって、ついたくさん食べさせていませんか? 特に注意したいのは、チョコレートやケーキ。糖分はむし歯菌のエサ、多量の摂取はむし歯のリスクを高めます。反対にむし歯になりにくいのが昔ながらのお菓子。おせんべいなどは歯ごたえがあり、糖分も少ないので、むし歯予防のためにはこちらがおすすめです。

~おすすめの飲み物~

糖分はむし歯菌のエサとなるので、むし歯の予防には糖分をなるべく減らすことが効果的。そのため、お子さんにお菓子をあげたときにおすすめの飲み物は糖分が入らないもの、牛乳やお茶です。

~控えたい時間~

眠る前の糖分摂取も要注意。眠っている間は、だ液の分泌が少なく、お口の中はむし歯になりやすい環境になります。寝る前のジュースなど甘い飲み物は控えましょう。

むし歯はうつることを忘れないでください

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中にはむし歯菌は存在しません。むし歯菌は大人から感染します。口うつしで食べ物を与えたり、スプーンやお箸、お皿やコップなどを共有することで、だ液を介してうつるのです。

かわいいお孫さんとスキンシップをとることでむし歯や歯周病菌をうつしてしまうリスクを少しでも減らすためには、おじいちゃんやおばあちゃんのお口も健康にすることが大切です。お孫さんのためにも、気になるお口のトラブルは、お気軽に当院にご相談ください。

ページの先頭へ戻る