むし歯予防には毎日のケアが欠かせません

定期的な歯科医院での口腔ケアは、むし歯や歯周病を防ぐためには欠かせませんが、予防の基本は毎日のブラッシングなどによるセルフケアです。ただし、お口のケアは「している」のと「できている」のでは大きく違います。正しく、効果的なケアで、お口の健康を維持することが大切です。

むし歯にならないためには毎日のケアがとても大切

飲食後のブラッシングやお口ゆすぎは、むし歯予防に効果的です。もっと重要なのは就寝前のブラッシング。まずはお母さんがフォローしてお子さん一緒にブラッシングしましょう。慣れてきたらお子さんにみがかせてください。最初は上手にできませんが、習慣にすることが大切です。そして忘れてはならないのは、お子さんがブラッシングした後の親御さんの仕上げみがきです。仕上げみがきのコツはこちらをご覧ください。当院では、ブラッシング指導もしていますので、正しいブラッシングについて、いつでもお気軽にご相談ください。

お口のケアに役立つグッズ

歯ブラシ
普通の歯ブラシのほかにも、「音波ブラシ」や「電動ブラシ」があります。「音波ブラシ」は歯ブラシのヘッド部分に超音波発生装置が搭載された歯ブラシで、ブラシの高速振動によりプラークを除去します。「電動ブラシ」はブラシの先が回転したり振動したりする歯ブラシで、通常の歯ブラシでブラッシングするより軽い力で汚れを落とせるのが特長です。
歯みがき粉・歯面塗布用ペースト
歯質を強化するフッ素入りの歯みがき粉や、歯みがき後に用いる、ミネラルを補給し口腔内環境を整える塗布用ペーストがあります。
フロス
歯と歯のすき間は歯ブラシが届かないこともあり、プラークが溜まりがち。そのプラークを落とすのに役立つのが「フロス」と呼ばれる歯間用清掃用の糸です。歯と歯の間にフロスを通し、歯面に沿わせてプラークや食べカスをかきだして除去します。

おやつについて

お子さんの成長や健康には食生活が大きくかかわっています。身体だけではありません。おやつの与え方や種類によっては、むし歯になりやすくなったり、顎の発育が不十分になったりするのをご存じでしょうか? お子さんのお口の健康や成長をサポートするため、普段の生活ではこんなことに気を付けてみてください。

おやつの与え方
硬い物も与えましょう お子さんはゼリーやケーキなど、やわらかい物が大好きです。歯や顎の成長のためには咬み応えのある硬い物も食べさせるようにしましょう。
おやつの時間を決めましょう ダラダラおやつを食べていると、お口の中はむし歯になりやすい環境のままです。おやつは時間を決めて与えましょう。
糖分の多いおやつは控えめに 糖分はむし歯菌のエサとなり歯を溶かす酸のもととなります。お菓子は糖分の少ないものを選びましょう。キシリトール入り、ノンシュガーのおやつがおすすめです。
食べたらすぐブラッシングしましょう おやつの後は、早めにブラッシングをして、むし歯菌のエサとなる糖分がお口に残らないようにしましょう。小さな頃からの習慣づけが大切です。
咬むことの大切さ
むし歯を防ぎます 咬むことでだ液が分泌されます。だ液には自浄作用があるので、咬めば咬むほどだ液がたくさん分泌され、むし歯や歯周病になりにくくなると言われています。
顎の健全な発達を促します 良く咬んで顎を動かすことにより、顎まわりの筋肉が発達。そして顎関節の健全な発達につながると言われています。
過食や肥満を防止します よく咬むと、満腹中枢が刺激され、お腹がいっぱいになりやすくなり、過食や肥満の防止につながるといわれています。
表情が豊かになります 咬むたびに顔の筋肉が鍛えられ、表情が豊かになると言われています。

~先生からのメッセージ~

おやつや食事をするとお口の中は酸性に傾きます。酸性の環境はむし歯になりやすい状態。むし歯を防ぐには、早く酸性の環境から元のアルカリ性の状態にもどすことが大切です。お子さんがおやつを食べ終わったら、ブラッシングをしたり、お口をゆすいだりする習慣を覚えさせましょう。次のおやつまでには2時間くらいは間隔を開けることも忘れずに!

医院での予防ケアについてはこちら

ページの先頭へ戻る