小さな頃から歯医者さんに親しみをもつように工夫しましょう

歯科医院に苦手意識や嫌悪感を抱く大人の方は多いのではないでしょうか? その姿を見てお子さんが歯医者嫌いになってしまうと困ったことになります。なかなか歯科医院に足を運んでくれなくなり、お口のケアができなくなります。結果的にむし歯になりやすくなり、治療もままなりません。

大切なお子さんのお口の健康を守るため、お子さんが歯医者に悪い先入観をもたないように、小さな頃から歯医者さんに慣れさせてあげましょう。

歯医者さんを嫌いにならないでほしいので

お子さんが歯医者嫌いにならないためには最初が肝心です。当院では、いつもお子さんの気持ちを尊重して治療を進めていますが、慣れるまでは特に気を配っています。お子さんの性格や状況に合わせて、治療の進め方や治療方法など柔軟に対応。お母さんが抱っこしたままで処置する、親御さんに同席してもらうなど、さまざまな工夫をこらします。泣いてしまった場合は、「診るだけ」「仮の処置のみ」にとどめ、強引な治療はしません。

お子さんの目線に合わせてお話ししたり、笑顔で楽しい雰囲気で接したりと、治療前の不安をなくします。そして治療後にはしっかり褒めて、達成感を味わってもらい、次回も快く通えるように心掛けています。慣れてしまえば大丈夫です。それまでは、歯医者さんに苦手意識を持たないように、こまめな通院をお願いすることがあります。

歯医者さん嫌いにならないために親御さんができること

・いきなり連れていかない 歯医者さんに行くことを、お子さんにあらかじめ伝えておきましょう。心の準備ができていない状態で歯医者さんに連れて行ってしまうと、不安になり、歯医者を必要以上に怖がるようになることがあります。

・「行くだけよ」「何もしないから」などと嘘をつかない 安易な嘘をついてお子さんを歯医者さんに連れて行くと、いざ治療や処置が必要になったときにぐずってしまいます。また、言われたことと実際が違うと、お子さんはだまされた気分になり歯医者嫌いになってしまうことがあります。むし歯治療の大切さを正直に伝えましょう。

・歯医者さんに行くことを脅し文句にしない 「悪い子は歯医者さんに連れて行くよ!」などと、歯医者を脅し文句にすると、「歯医者さんは怖いところ」というイメージをお子さんに植え付けてしまいます。歯医者に苦手意識が芽生えないように、歯医者を脅し文句にするのはやめましょう。

歯科医院で

・親御さんがリラックスする 親御さんの緊張はお子さんに伝わります。そして、その緊張が不安をあおり、お子さんが泣き出してしまうことも。歯医者さんに着いたら、まず親御さんが笑顔になりリラックスすることを心掛けましょう。

・「痛くないよ」と言わない 治療や処置には痛みをともなう場合があります。「痛くないから」と安心させても、実際に痛みがあると嘘になってしまいます。お子さんは嘘をつかれると不信感を抱いてしまい、歯医者さんに悪い印象を持つことにつながります。「痛くないよ」とは言わないようにしましょう。

治療が終わったら

・しっかり褒めましょう 「がんばったね!」と治療を受けられたことを、思いっきり褒めてあげましょう。家族に褒められるとお子さんは自信を持ち、次回の治療も「また、がんばろう」という気持ちになります。

・うまく治療できなくても叱らない 反対に泣き叫んでしまって治療できなかった場合でも、叱ったり責めたりしないでください。次回の治療につながるように励ましてあげることが大切です。お子さんの機嫌の良いときに、アーンとお口を開けさせるなど少しずつ練習して、慣れるように工夫しましょう。

~先生からのメッセージ~

「お子さんを歯医者嫌いにしない」これが、お子さんのお口の健康を守るための第一歩だと思っています。そのためには、お子さんの気持ちに寄り添うことが必要です。

まず、こちらからお子さんと目線を合わせ、親しみを込めてお話しをすることから始まり、信頼関係を築いていきます。無理に治療に進むのではなく、お子さんの状態を考慮して、治療への苦手意識を和らげるために2~3回に分けての治療をすることもあります。

症例によっては、松戸の大学病院との連携もいたしますので、お子さんのお口のお悩みがありましたら、まずはお気軽に当院にご相談ください。

ページの先頭へ戻る