妊娠するとお口の中も変化します

妊娠すると心も身体もいつもと違う状態になります。もちろん口の中も例外ではありません。お口の健康は、お母さんのためだけでなく、生まれてくる赤ちゃんのためにもなります。どんなトラブルが起きやすいのか、どのようなケアをすればいいのかをご紹介します。

妊娠中のお口はどうなっているの?

妊娠すると、お口の自浄作用があるだ液の分泌量が減少します。また全身の免疫力も低下し、感染症であるむし歯や歯周病にかかりやすくなります。この悪条件につわりが加わるのですから、妊娠中のお口はトラブルが起こる要因ばかりです。それだけではありません。女性ホルモンも影響するのです。

女性ホルモンの影響

女性ホルモンは歯周病菌やそのほかの菌の繁殖を促す作用があるため、歯ぐきが炎症を起こしやすくなります。それに加えて、妊娠中は間食が増えたり、つわりがあったりとお口のケアがおろそかになり、汚れが溜まりがちに。そのため、むし歯や歯周病などのお口のトラブルが起こりやすいのです。

歯周病・親知らず・むし歯に注意!

妊娠中に注意したいお口のトラブルは歯周病、親知らず、むし歯です。特に妊娠中の歯周病には注意が必要です。

歯周病

妊娠中に悪化しやすい歯周病。妊娠初期から中期にかけて、妊娠性歯肉炎の症状をうったえることが多く、妊婦さんの約半数がかかると言われています。

また、妊娠中は治療に麻酔や抗生剤の投与はできるだけ避けたいものです。通常歯周病で歯ぐきが腫れたときは、麻酔をして歯ぐきを切開し、プラーク(歯垢)や歯石を除去した後、抗生剤を投与して症状を落ち着かせていきますが、妊娠中は歯の清掃のみの処置にとどめ治療に時間がかかってしまう場合があります。

歯周病は、お口のトラブルだけにとどまりません。糖尿病や全身疾患とも関連していると言われています。妊娠中の歯周病は、赤ちゃんへも影響する可能性があると報告されています。

~歯周病の赤ちゃんへの影響~

妊娠中に歯周病にかかると、お腹の赤ちゃんの成長に影響を与えることがわかってきています。それは、歯周病菌が子宮の筋肉に作用してしまうことがあるためです。このため早産や低出生体重児出産を引き起こす可能性が高まると言われています。

早産や低出生体重児出産の原因はさまざまですが、少しでもリスクを減らすよう、歯周病の早期治療をおすすめします。

親知らず

通常、親知らずの診療・治療には、レントゲン撮影や抗生剤が使われます。しかし、どちらの処置も胎児へのリスクを考えると妊娠中は避けたいもの。なるべく事前にレントゲンなどで親知らずのチェックを受けておくことをおすすめします。

むし歯

妊婦さんのむし歯の痛みは、胎児の健康に悪影響をおよぼしかねません。痛み止めや麻酔も妊娠中はできれば避けたいものです。できるだけ妊娠する前に適切な治療を受け、むし歯予防に努めましょう。

~先生からのメッセージ~

妊娠中はお口のトラブルが起きやすいものです。お母さんのためだけでなく、生まれてくる赤ちゃんのためにも次の点に気をつけてトラブル予防に役立ててください。

  • 今までより歯ぐきを意識してみがきましょう。
  • つわりがあるときはこまめにうがいしてください。水でのうがいで大丈夫です。
  • 赤ちゃんが生まれる前に1~2回は口腔ケアに来院いただくと安心です。
  • 少しでも気になる症状があるときは、症状が悪化する前に早めに来院してください。

つわりとお口のケアについてはこちら

ページの先頭へ戻る