つわりのときもお口のケアは大切です

妊娠すると歯周病やむし歯などのお口の中のトラブルが起こりやすくなります。つわりもその原因の1つです。妊婦さんのお口の健康は生まれてくる赤ちゃんの健康にもつながります。つわりの期間でもお口をしっかりケアしましょう。

つわりの時期は特に歯に影響します

妊娠すると女性ホルモンが増加して、歯肉炎が起こりやすくなります。お口の中では、だ液の分泌量が減り、免疫力も低下するので、お口のトラブルになりやすい環境となります。また、つわりになると、酸味が強い物や柔らかく食べやすい物を好むようになったり、ブラッシングもおろそかになりがちです。どれもお口が不衛生になりむし歯や歯周病につながる要因となります。

つわりが始まる前に治療しましょう

妊娠を予定している方は、妊娠前にお口のケアをしておくことをおすすめします。妊娠前にお口のトラブルの治療を済ませ、健康な状態にしておけば、つわりになっても安心です。妊婦さんのお口のトラブルは、お腹の赤ちゃんに影響することもありますので、なるべく妊娠前やつわり前に歯科健診を受けましょう。

つわりのときのお口のケア

つわりのときのお口のケアはとても大事ですが、無理をしないことも大事です。歯みがき粉の味や匂いが気になるという妊婦さんも多いようです。その場合は、刺激の少ないものに変える、ブラッシングだけにするなど工夫しましょう。小さめの歯ブラシにすることでブラッシングが楽になることもあるようです。

嘔吐しそうで、ブラッシングもままならないようでしたら、うがいをしましょう。緑茶でのうがいは、カテキンの殺菌効果が期待できるのでおすすめです。うがいもできないようでしたら、小さめの氷をなめてみてください。

~つわりでブラッシングがつらいとき~

  • 低刺激で香料が気にならない歯みがき粉にする
  • 歯みがき粉が耐えられない場合は、ブラッシングだけでも
  • 小さめのヘッドの歯ブラシにする
  • うがいだけでもする(緑茶でのうがいも効果的)
  • うがいも苦痛な場合は、小さめの氷をなめる
  • 入浴しながら、音楽をききながら、などリラックスすることもおすすめ

妊娠を望む時期に知ってほしいこと

妊娠前にしておきたいのは、お口の健康維持です。妊娠するとお口にトラブルが起きやすくなるので事前の予防が大切。赤ちゃんが欲しいと思ったら、早めに歯科健診を受け、むし歯や歯周病、親知らずをチェックして、トラブルはしっかり治療しましょう。お口の中を良好な環境にしてから、妊娠・出産することをおすすめします。

~これから妊娠予定の方へ~

妊娠中は、できるだけ歯科治療は避けられることが理想です。レントゲンの放射線被曝や痛み止め、抗生剤の服用などは、胎児の健康に影響を与えてしまう可能性があるからです。そのため、歯科治療は妊娠前に終えておくのが望ましいと言えます。

妊娠中は歯のクリーニングなどの予防以外の歯科治療は応急処置にとどめ、出産後に本格的な治療に入ることをおすすめします。歯痛などで治療が必要な場合でも、産婦人科の先生と連絡を取りながら進めていくことも大切です。

ページの先頭へ戻る