【年代別】歯医者へ通うタイミングについて

うちの子は、いつ歯医者さんに連れて行けばいいのでしょうか?

お母さんからそんなご相談をお受けすることがあります。お子さんのお口の中は日々成長しており、それによる変化の時期が「受診のタイミング」です。乳歯が生えたとき、乳歯が生えそろったとき、そして乳歯と永久歯の生え替わりが始まったとき。それぞれの時期によってお口のケアが異なります。お子さんのお口の健康のためにタイミングを逃さないようにしましょう。

乳歯が生えたとき

乳歯は生後6~8ヶ月で生え始めます。乳歯はエナメル質が薄く、永久歯よりむし歯菌への抵抗力が低い歯です。この時期は、まだブラッシングは不要ですが、食後にはガーゼなどで歯に付着した汚れを取ってあげましょう。

乳歯が生えてきたら一度ご来院ください。歯の生え始めが「初めての歯医者さん」のサインです。初期のむし歯は見つけにくいもの。予防のために上下4本の歯が生えた頃からフッ素塗布などのお口のケアをスタートしましょう。

乳歯が生えそろったとき

乳歯は1歳6ヶ月~3歳で生えそろいます。乳歯は前歯が上下で12本。そして奥歯は上下左右2本ずつの合計20本です。歯に食べカスが溜まりやすくなる時期、きちんとケアすることが大切です。

自治体が運営している1歳半健診や3歳健診を受けることをおすすめします。もし、むし歯が見つかりましたら、当院にご相談ください。ケアの仕方がわからない場合にもお気軽にご相談ください。

生え替わりが始まったとき

6歳を過ぎてから永久歯が生え始め、12歳になるまでに乳歯が永久歯に生え替わります。歯の大きさがそろわず、ブラッシングがしにくい時期です。乳歯が抜けたところを中心に、お子さんがブラッシングをした後に汚れが残っていないか、親御さんが確認してあげるようにしましょう。

最初に生えてくる永久歯は6歳臼歯といい、乳歯の奥に生えてきます。この歯はブラッシングしづらいうえに、溝が深く複雑なので、むし歯になりやすい歯。そのため、むし歯の予防処置として(フッ素塗布シーラント処置)をおすすめしています。永久歯が生えてきたら、お早めにご来院ください。

ページの先頭へ戻る